解雇・残業代請求の無料相談!弁護士による労働問題相談

HOME > 未払い残業代の解決方法

未払い残業代の解決方法

一般的な雇用形態の場合、使用者は、一日8時間を超えて働かせた場合には、通常の25%増し、法定休日に働かせた場合には35%増し以上の割増賃金を支払わなければなりません。

しかし、

「うちの会社は定時なんてあってないようなもの」

「営業手当を支払っているから」

「給与形態が年俸制だから」

といった理由から、本来支払われるべき残業代が払われていないというケースが多々見受けられます。

実はこういった理由は残業代とは関係ないことがほとんどです

本来支払われるべきだった残業代は会社に請求することができます。

ここでは、「残業代」について詳しく解説していきます。

 

未払い残業代の解決方法 メニュー

残業代を計算してみよう

残業代未払い解決のポイント

残業代未払い解決のながれ

営業職の残業代請求について 

不当解雇・未払い残業代請求の無料法律相談実施中!

 

0608_05200520052.jpg

 

「会社から一方的に解雇されました。これは正当な解雇なのでしょうか?」
「懲戒解雇を言い渡されました。これは不当ではないでしょうか?」
「会社の業績不振からリストラされてしまいました。どうすることもできないのでしょうか?」
「いわゆる派遣切りにあいました。対処方法はありますか?」

当事務所にはこのように解雇に関するご相談が多くよせられています。

必ずしも会社側の要求を一方的に受け入れる必要はありません。
労働者にも守られるべき権利があります。

労働問題でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

詳しくはこちらをクリック↓↓↓↓

 

otoiawase20002.png

 

 

TOPにもどる

料金表

弁護士紹介