解雇・残業代請求の無料相談!弁護士による労働問題相談

HOME > 未払い残業代の解決方法 > 残業代未払い解決のポイント

残業代未払い解決のポイント

経営悪化などを理由に残業代がカットされたら、まずは事実関係の整理、確認を行ないます。

「何が、いくら、なぜ払われないのか」をはっきりさせ、金額を確定し、給与明細、タイムカードの写し、就業規則などの書類を揃えておきます。業務記録もあれば用意しましょう。

残業時間は、実労働時間で計算するのが原則です。

労基法違反となる残業代カットは許されません。

使用者が残業代カットの取り消しに合意すれば、その約束を必ず文書で交わしておきましょう。
支払う義務があることは認めるが、すぐには支払えないという場合は、延期・分割など支払方法を交渉し、文章で約束させます。

交渉に応じない場合は、内容証明郵便で請求します。

請求書には、請求額、支払方法、期限などを明記し、給与明細やタイムカードの写しも同封します。

 

未払い額と同額の付加金も請求できる

それでも支払わなければ、関連書類を用意して、労働基準監督署に申告します。

労基法違反の場合は、指導してくれます。

それでもだめな場合には、簡易裁判所に「支払督促」の申立を行なうこともできます。

当事者が裁判所に出頭しなくても、書面だけで処理するシステムになっておりますので、手軽に活用できます。
但し、会社が異議を申し立てると、民事訴訟の手続きに移行します。

なお、裁判所に未払い残業代請求の提訴をするときは、その未払い額と同額の付加金も請求できます。 

 

未払い残業代の解決方法 メニュー

残業代を計算してみよう

残業代未払い解決のポイント

残業代未払い解決のながれ

営業職の残業代請求について 

不当解雇・未払い残業代請求の無料法律相談実施中!

 

0608_05200520052.jpg

 

「会社から一方的に解雇されました。これは正当な解雇なのでしょうか?」
「懲戒解雇を言い渡されました。これは不当ではないでしょうか?」
「会社の業績不振からリストラされてしまいました。どうすることもできないのでしょうか?」
「いわゆる派遣切りにあいました。対処方法はありますか?」

当事務所にはこのように解雇に関するご相談が多くよせられています。

必ずしも会社側の要求を一方的に受け入れる必要はありません。
労働者にも守られるべき権利があります。

労働問題でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

詳しくはこちらをクリック↓↓↓↓

 

otoiawase20002.png

 

 

TOPにもどる

料金表

弁護士紹介