解雇・残業代請求の無料相談!弁護士による労働問題相談

労働審判制度について

労働審判制度は、平成18年4月に施行された制度です。

残業代未払いの問題
不当解雇の問題

など、労働問題に関するトラブルについては「時間がかかる」「費用が見合わない」といった理由から裁判手続を
避け、泣き寝入りせざるを得ないというケースが多く見られました。

 

しかし、労働審判制度が施行されたことにより、労働紛争を迅速に、安価に、現実に即した形で解決できるようになりました。

労働審判手続きは、原則として最長でも3回で終了します。
申立をすると第一回の期日が設定され、調停(話し合いで双方が納得すること)で解決を試みます。
3回の期日内で調停が成立しない場合には、労働審判が下されることになります。

 

民事調停手続との大きな違いは、調停で合意に至らない場合に、「労働審判が下される」という点です。
この労働審判は「裁判の判決」に相当します。

 

申立から第一回期日までは原則40日以内ですから、3回の期日を経たとしても約3ヶ月で結論が
出されます。

通常訴訟では結果が出るまでに約1年程度かかりますから、労働審判制度により解決までにスピードが格段に
速まりました。

 

労働審判に対して、異議申し立てをした場合には、労働審判は執行し、訴訟手続によって解決が図られます。
しかし、多くの場合訴訟になることはなく、労働審判の段階で解決されます。

労働問題でお悩みの場合、解決までのスピードも速く、費用も安価に済む労働審判制度を利用するのも一つの
方法です。

 

詳しくは弁護士にご相談されることをお勧めします。

解雇問題の解決方法 メニュー

解雇を通知されたら

退職時のチェックポイント

解雇問題の無料相談

解雇問題の解決のポイント

解雇問題解決の流れ

解雇問題の基礎知識

普通解雇について

整理解雇について

懲戒解雇について

解雇予告制度と解雇予告手当

一方的に解雇予告手当を振り込んできたら?

解雇と退職の違い

解雇理由通知書が届いたら

解雇通告を受け、辞めるときに注意すること

派遣会社の労働問題について

労働審判

内定を取消されてしまった場合

解雇問題 良くある相談事例

SE(システムエンジニア)の労働問題

医療従事者の労働問題

管理職の労働問題 (「名ばかり管理職」問題)

コンサルタントの労働問題

 

無料法律相談実施中!(未払い残業代・解雇・セクハラ問題)

0608_05200520052.jpg 「会社から一方的に解雇されました。これは正当な解雇なのでしょうか?」
「懲戒解雇を言い渡されました。これは不当ではないでしょうか?」
「会社の業績不振からリストラされてしまいました。どうすることもできないのでしょうか?」
「いわゆる派遣切りにあいました。対処方法はありますか?」
当事務所にはこのように解雇に関するご相談が多くよせられています。

必ずしも会社側の要求を一方的に受け入れる必要はありません。
労働者にも守られるべき権利があります。

解雇問題でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

詳しくはこちらをクリック↓↓↓↓

 

otoiawase20002.png

 

TOPにもどる

料金表

弁護士紹介