解雇・残業代請求の無料相談!弁護士による労働問題相談

派遣会社の労働問題

【派遣契約の終了した場合の派遣社員の地位】

Q 「派遣先が派遣契約を打ち切りました。派遣社員の私はどうなるのでしょうか?」

A
派遣先が派遣元との派遣契約を打ち切っても、雇用契約は、あくまで派遣元と派遣社員との間で締結されたものですので、当然に終了するわけではありません。
派遣契約は、あくまで派遣先と派遣元の問題であり、派遣元と派遣社員との間の雇用契約は、派遣契約とは別に存続するからです。

派遣先の一方的な都合により、派遣契約が終了した場合には、派遣元は派遣先と連携して、派遣社員に新たな就業機会の確保を図ることが求められています。

就業機会が確保できない場合であっても、派遣社員を解雇できるわけではありません。
労働基準法では、使用者の責任で休業させる場合には、平均賃金の6割以上の休業補償をしなければならないとされています。

したがって、派遣元は、派遣社員に対して休業手当を支給しなければなりません。

 

【雇止めについて】

Q 「長年勤めていた会社から契約期間満了により退社するように言われました。
確かに雇用契約書には契約期間の定めがありますが、特に手続きもなく何度も更新していたので、契約期間には意味がないと思っていました。
このような場合でも、受け入れるしかないのでしょうか?」

 

A
「期間の定め」がある雇用契約を反復更新した後に、期間満了によって契約を更新しないことを「雇止め」といいます。
期間の定めがある契約は、契約期間の満了により終了するのが原則です。

しかし、雇用を継続することについて、従業員に期待が生じている場合等には、雇止めが認められないことがあります。

例えば、

・正社員と採用手続、労働条件、職務内容、賃金が同じ

・既に何度も契約を更新しているが、更新の際に新しい契約書を交わすこともなく、実際には契約期間など意識していなかった

・会社から次も更新をすると説明を受けていた

といったような場合には、雇い止めが認められないことがあります。

継続雇用への期待が認められるかどうかは、更新の回数や、勤務期間、業務内容、会社の言動などから総合的に判断されます。

「雇い止め」を言い渡されたが、納得いかないという場合には弁護士にご相談されることをお勧めいたします。
 

解雇問題の解決方法 メニュー

解雇を通知されたら

退職時のチェックポイント

解雇問題の無料相談

解雇問題の解決のポイント

解雇問題解決の流れ

解雇問題の基礎知識

普通解雇について

整理解雇について

懲戒解雇について

解雇予告制度と解雇予告手当

一方的に解雇予告手当を振り込んできたら?

解雇と退職の違い

解雇理由通知書が届いたら

解雇通告を受け、辞めるときに注意すること

派遣会社の労働問題について

労働審判

内定を取消されてしまった場合

解雇問題 良くある相談事例

SE(システムエンジニア)の労働問題

医療従事者の労働問題

管理職の労働問題 (「名ばかり管理職」問題)

コンサルタントの労働問題

 

無料法律相談実施中!(未払い残業代・解雇・セクハラ問題)

0608_05200520052.jpg 「会社から一方的に解雇されました。これは正当な解雇なのでしょうか?」
「懲戒解雇を言い渡されました。これは不当ではないでしょうか?」
「会社の業績不振からリストラされてしまいました。どうすることもできないのでしょうか?」
「いわゆる派遣切りにあいました。対処方法はありますか?」
当事務所にはこのように解雇に関するご相談が多くよせられています。

必ずしも会社側の要求を一方的に受け入れる必要はありません。
労働者にも守られるべき権利があります。

解雇問題でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

詳しくはこちらをクリック↓↓↓↓

 

otoiawase20002.png

 

TOPにもどる

料金表

弁護士紹介