解雇・残業代請求の無料相談!弁護士による労働問題相談

 

baner2010080001.png

 

 

「会社から一方的に解雇されました。これは正当な解雇なのでしょうか?」
「懲戒解雇を言い渡されました。これは不当ではないでしょうか?」
「会社の業績不振からリストラされてしまいました。どうすることもできないのでしょうか?」
「いわゆる派遣切りにあいました。対処方法はありますか?」

当事務所にはこのように解雇に関するご相談が多くよせられています。

雇用契約は、労使間の合意で結ばれたものですから、正当な理由がないのに、一方の当事者である会社の都合だけで解雇することはできません。

皆様の置かれている状況に応じて、
「職場復帰を望める可能性がある」
「勤務中の未払い残業代を請求できる可能性がある」
「解雇予告手当だけでなく、損害賠償を請求できる可能性がある」

というように、必ずしも会社側の要求を一方的に受け入れる必要はありません。
労働者にも守られるべき権利があります。

解雇問題でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

 

解雇問題・残業問題については無料(※)で法律相談を実施しております。

※無料相談は平日10時から18時に相談が開始する場合に限ります。

19時以降・夜間のご相談(有料)の実施日についてはお問い合わせください。

※19時以降・夜間のご相談(有料)の実施日についてはお問い合わせください。

※退職勧奨に関する御相談は有料になります。

 

法律相談は当事務所にお越しいただいて,弁護士と面談の上で実施しております。

御予約はフリーダイヤル0120-777-811までお電話下さい。

 

解雇問題のご相談の流れ

0608_05200520052.jpg

東京渋谷法律事務所では、経験豊富な弁護士による
法律相談を随時実施しております。
まずはお電話にて、ご相談内容と面談ご希望日をご連絡下さい。弁護士のスケジュールを確認し、ご相談の日程とお時間を確保いたします。
          【受付】  9:30~18:00

 
弁護士がお話を伺い、皆様の悩みを解決する為の最適な方法をご提案いたします。

不当解雇・残業代請求に関する法律相談は
無料(30分)です。
お気軽にお問い合わせください。

その他の労働問題は、30分5000円(税別)の有料相談となります。

※無料相談は、平日10時から18時に相談が開始する場合に限ります。19時以降・夜間のご相談(有料)の実施日についてはお問い合わせください。

0608_01200120012.jpg
0608_04200420042.jpg

また、各種書類作成や、裁判所に陳述する書類の準備、各所に提出する申請書類の作成サポートなども行っております。

サポート内容と料金については事前に丁寧にご説明をいたします。

東京渋谷法律事務所
0120-777-811
(9:30~18:00)

【メールでのお問い合わせはこちら】

解雇問題の解決方法 メニュー

解雇を通知されたら

退職時のチェックポイント

解雇問題の無料相談

解雇問題の解決のポイント

解雇問題解決の流れ

解雇問題の基礎知識

普通解雇について

整理解雇について

懲戒解雇について

解雇予告制度と解雇予告手当

一方的に解雇予告手当を振り込んできたら?

解雇と退職の違い

解雇理由通知書が届いたら

解雇通告を受け、辞めるときに注意すること

派遣会社の労働問題について

労働審判

内定を取消されてしまった場合

解雇問題 良くある相談事例

SE(システムエンジニア)の労働問題

医療従事者の労働問題

管理職の労働問題 (「名ばかり管理職」問題)

コンサルタントの労働問題