解雇・残業代請求の無料相談!弁護士による労働問題相談

HOME > セクハラ問題に関する基礎知識

セクハラ問題に関する基礎知識

セクハラとは、一般的に「相手の意に反する性的な言動で、この言動に対する相手の対応によって、仕事を遂行する上で、一定の不利益を与えたり、就業環境を悪化させること」を指すとされています。

職場におけるセクハラについて定めている男女雇用機会均等法では「職場において行われる性的な言動に対する雇用労働者の対応により、労働者がその労働条件につき、不利益を受けること、又は、当該性的な言動により当該労働者の就業規則が害されること」と規定しています。

ここではセクハラに関する基礎知識をご紹介し、主にセクハラの被害者を守る為の方法を提示します。

 

セクハラ問題の解決方法 メニュー

セクハラ問題に関する基礎知識

        kuroki-egao0006.png

セクハラとは

セクハラを起こした個人や企業が問われる法的責任

2007年の均等法改正で何が変わったか

セクハラの被害者にならない為のポイント

不当解雇・未払い残業代請求の無料法律相談実施中!

 

0608_05200520052.jpg

 

「会社から一方的に解雇されました。これは正当な解雇なのでしょうか?」
「懲戒解雇を言い渡されました。これは不当ではないでしょうか?」
「会社の業績不振からリストラされてしまいました。どうすることもできないのでしょうか?」
「いわゆる派遣切りにあいました。対処方法はありますか?」

当事務所にはこのように解雇に関するご相談が多くよせられています。

必ずしも会社側の要求を一方的に受け入れる必要はありません。
労働者にも守られるべき権利があります。

労働問題でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

詳しくはこちらをクリック↓↓↓↓

 

otoiawase20002.png

 

 

TOPにもどる

料金表

弁護士紹介