解雇・残業代請求の無料相談!弁護士による労働問題相談

残業代を請求されたら

退職した従業員から残業代を請求されました。どのような対応をとるべきでしょうか?

昨今、このような相談は非常に多くなっております。
まず、大切なことは、このような従業員の請求を無視してはならないということです。

残業代請求事例は、退職した従業員からのケースが多く、事前に労働基準監督署や弁護士等に相談をして、アドバイスを受けている場合がほとんどです。

相手の要求を無視すると、労働基準監督署からの出頭要求書が会社に届くか、または、立ち入り調査によって、全従業員について「残業代の未払い」を命じられる可能性もあります。また、相手の弁護士から労働審判を申し立てられ、会社が大きなダメージを受けることがあります。(>>労働審判とは

かといって、相手の要求を全面的に認めて、応じる必要はまったくありません。

相手の残業代請求は、不必要な時間外労働が含まれていたり、残業代の計算を適切に行っていない等の問題がある場合があるからです。


そこで、会社としては、相手の勤務実態を調査し、相手が主張する労働時間に間違いがないか確認してください。その上で、その資料をもって、弁護士に相談されることをお勧めします。

労働諸法に精通した弁護士であれば、適切な残業代を算出した上で、不当な要求をする相手に対して十分な反論をいたします。また、労働基準監督署に対しても、弁護士に依頼していると伝えることで、行政処分等を回避することも期待できます。

当事務所は当該事案を処理するだけでなく、今後、残業問題の発生を未然に防止するためのアドバイスもさせていただきます。

残業代の未然防止策についてはこちらからどうぞ

>>残業代の未然防止策

労働審判については詳しく知りたい方はこちらからどうぞ

>>労働審判とは


 

残業代に関するコンテンツはこちら

→ 残業代を請求されたら → 残業代を抑える方法

無料法律相談実施中!(未払い残業代・解雇・セクハラ問題)

0608_05200520052.jpg 「会社から一方的に解雇されました。これは正当な解雇なのでしょうか?」
「懲戒解雇を言い渡されました。これは不当ではないでしょうか?」
「会社の業績不振からリストラされてしまいました。どうすることもできないのでしょうか?」
「いわゆる派遣切りにあいました。対処方法はありますか?」
当事務所にはこのように解雇に関するご相談が多くよせられています。

必ずしも会社側の要求を一方的に受け入れる必要はありません。
労働者にも守られるべき権利があります。

解雇問題でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

詳しくはこちらをクリック↓↓↓↓

 

otoiawase20002.png

 

TOPにもどる

料金表

弁護士紹介