解雇・残業代請求の無料相談!弁護士による労働問題相談

HOME > 使用者(会社)側からのご相談について > 賃金の交渉を請求されたら

賃金交渉

賃金の減額は、会社を存続させるために必要な場合があります。
しかし、会社が勝手に従業員の基本給や諸手当の額を減らすことは基本的に許されません。
賃金は労働契約における重要な労働条件です。

会社が勝手に従業員の基本給や諸手当の額を減らすことは原則として許されませんのでご注意下さい。
従業員が合意さえしていれば、どのような賃下げでもできるわけではありません。
しかし、賃金の減額という不利益を、従業員が自ら甘受するのは、特別な事情がある場合です。

そのため、既発生の賃金の放棄についてはもちろんのこと、将来の賃金の減額に関する同意についても、それが従業員の自由な意思に基づいてされたものであると認めるに足りる合理的な理由が客観的に存在することが必要です。
 
合理的な理由とは、以下のような点を踏まえる必要があります。

●労働者の受ける不利益の程度
●賃下げを変更する必要性
●労働者との話し合い・交渉の経緯、状況
●賃下げを避けるためにした実施した行為

 
弁護士が介入すると、経営者に代わって合意的な理由や従業員への合意をとる手段を代わって実施することが出来ます。
是非当事務所へお問合せ下さい。

 

無料法律相談実施中!(未払い残業代・解雇・セクハラ問題)

0608_05200520052.jpg 「会社から一方的に解雇されました。これは正当な解雇なのでしょうか?」
「懲戒解雇を言い渡されました。これは不当ではないでしょうか?」
「会社の業績不振からリストラされてしまいました。どうすることもできないのでしょうか?」
「いわゆる派遣切りにあいました。対処方法はありますか?」
当事務所にはこのように解雇に関するご相談が多くよせられています。

必ずしも会社側の要求を一方的に受け入れる必要はありません。
労働者にも守られるべき権利があります。

解雇問題でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

詳しくはこちらをクリック↓↓↓↓

 

otoiawase20002.png

 

TOPにもどる

料金表

弁護士紹介